• 電話アイコン

    TEL

  • MENU

お問い合わせ受付時間(平日)09:00~23:30 (土・日・祝)11:00~22:00

メールで問い合わせをする

閉じる

滑りやすい?滑りにくい?バレエの床材について|ノアバレエ教室

60e0fbc8d6e7e737eea57fcf4ce3f33c_s.jpg


-はじめに


あなたが通っているバレエ教室の床はどのような材質ですか?
バレエで使われる床は2種類です。
1つはリノリウム床。もう1つは木材の床。
今回はこの2つの床についてお話しします。


■バレエ教室の床の特徴


(1) リノリウム


リノリウムは、1860年代にイギリス人のフレデリック・ウォルトン (Frederick Walton) が発明し、100年以上の歴史をもつ素材です。亜麻と呼ばれる植物の種から取れる亜麻仁油、松ヤニ(ロジン)などの樹脂類、コルク粉、顔料などを混ぜて、シート状やタイル状にしたものを指します。リノリウムは適度な弾力性があり滑りにくい素材として、バレエでも使われるようになりました。
それ以前は木材の床に松ヤニを散りばめて、滑りにくくしていました。リノリウムに変わったときはとても滑りにくくなりました。松ヤニをつけると、バレエシューズの底が真っ黒になって、とっても汚くなります。シューズの底で松ヤニが層をなすと却って滑りやすくなるので、剥がす必要があります。
リノリウム床は、松ヤニを使用することなく、安全に踊れるのでとっても安心な床材です。


(2) フローリング


木材床でなら桜材が適しているようです。桜材は傷が付きにくいという特徴があります。リノリウム床に比べて暖かみがありますね。リノリウム床のひんやり感はありません。その暖かみが良くて桜材でスタジオを建てる先生も多くいらっしゃいます。
リノリウムに比べるとかなり滑りますので、松ヤニを使用します。スタジオによっては松ヤニが使えないところもありますので、ここは要確認です。松ヤニが使えない場合は濡れ雑巾で対応することになりますが、濡れぞうきんはバレエシューズには使えますが、トゥシューズには使えません。トゥシューズは糊を沢山使用しているので、水分を嫌います。バレエショップなどで、滑りにくくするグッズなどが売られています。


■ リノリウムの床より滑りにくい?TMフロアとは


松山バレエ団と東リが共同開発した舞台用ビニル床シートTMフロアは、バレエ、ダンス、エアロビクス専門のプロ用床シートです。今までリノリウム(リノリューム)が使われてきましたが、クッション性や防滑性で満足のいくものではありませんでした。
バレエ、ダンスなどは、滑りやすい床では踊ることが出来ません。といってピルエットの時にシューズが引っ掛かってもいけません。この相反する問題を解決したのがTMフロアです。現在販売されているバレエ用床シートの最高峰といえます。


<TMフロアの特長>
1)防滑性 ピルエットやパドブレなど激しい動きの中で、足と上体とのバランスを保ちやすい構造で、なめらかでありながら、滑りにくいものとなっています。


2)弾力性 適度な柔軟性を有しているので、激しい動きを妨げることなく、軽快な動きを支えます。グランジュテなど大きく跳躍した着地でも衝撃を和らげます。


3)反射・光沢 床への写りこみが少なく、見た目に舞台が煩わしくなりません。同時に照明効果を妨げません。


4)床衝撃音 クッション層の働きによって、不要な残響音の発生が極めて低くなっていますので、舞台音響効果を妨げにくい構成となっています。


5)耐熱性 熱による長さ変化量や熱膨張率が少なく、大光量の照明ライトの集光による、軟化・伸び・膨れが発生しにくい構成となっています。


6)耐摩耗性 大道具などの重量物の出し入れ時に発生する荷重等に耐えるタフな構成となっています。


7)メンテナンス性  汚れが拭き取りやすいので、日常のメンテナンスが簡単です。


■ 自宅もリノリウムの床に施工できるの?


TMフロアはシートになっているので、簡単に取り付けることができます。
以下が取り付け方になります。
M-TAPEを使用しての簡易施工方法
M-TAPEE.png
TMフロアは特別にボンド等をご使用いただかなくても、テープによる簡易施工が可能です。 ご家庭での練習などで使用する際に便利にご使用していただく事ができます。
ご家庭でTM-TAPEを使用されるとテープの糊成分が床に付着する恐れがあります。
また当店では責任は負いかねますがホームセンターなどで販売している糊の残らない養生テープなどでも代用できる場合があります。

TMフロアはシートですので、カーペットみたいに丸めてコンパクトに収納することができます。立て掛けて収納する事で場所をほとんど必要としません。


■ リノリウムの代用品はあるのか


バレエ、ダンス用の床シートは近年リノリウムが使われてきました。フローリングの床だと滑りやすく、時には足にトゲが刺さることもあり、これを解決するためにリノリウムシートを使うようになりました。最近では天然素材から作られたリノリウムより、さらに滑りにくく開発された○○リウム、○○フロアというシートが各メーカーから販売されています。 特に有名なものは、松山バレエ団と東リが共同開発した舞台用ビニル床シートTMフロアです。バレエ、ダンスなどは、滑りやすい床では踊ることが出来ません。といってピルエットの時にシューズが引っ掛かってもいけません。この相反する問題を解決したのがTMフロアです。膝にショックを与えないためのクッション材も挟み込み、現在販売されているバレエ用床シートの最高峰といえます。


プロリュームNBはテレビ局の美術制作会社からの要望で作られたバレエ、ダンス用フロアシートです。91cm幅なので取り回しがよく、有名バレエ団などの舞台で使用されています。20m巻ですが、カッターナイフなどで簡単に切る事ができ、小分けにすると運ぶ時も重くなく便利です。


プロリュームTFは舞台照明に対してハレーションが起きにくい表面加工があり、テレビ撮影がある舞台でよく使われます。天皇陛下の国民祭典でのステージに使用されたこともあり、英国バレエ団でも使用しています。色はホワイトからグレー、ブラックと5色あり、グレー1色のTMフロアに比べ選択肢があります。


TMフロア、プロリュームNB、プロリュームTFは、プロが使うバレエ用シートですが、アマチュア用の価格が安いシートもあります。フロアリューム、Pリューム、Sリューム、フロアー16などです。これらはメーカーがバレエ用として作ったものではありませんが、素材が似ているので代用品として使われています。色が豊富で特にピンク色は小さなお子様には人気です。滑りやすいという意見もありますが、多くの方は十分使えるレベルとおっしゃっています。


舞台で使う場合はシートを床の上に置いて、周りとつなぎ目を上から透明テープで止めます。シートが大きい場合は、はさみやカッターナイフで切れます。使わない時は丸めて保存できます。


リノリウムが滑りやすい理由
原因は滑りやすいものが付着してしまったためです。
1)鏡を接着する時に使うコーキング剤がついてしまった場合は、少量でもつるつるに滑ります。工事業者の靴下についていたものが付着してしまうことが原因のようです。


2)工事業者がサービスでワックスをかけてしまった場合もあります。舞台用代用品と書いてあるのはバレエ用に開発されたシートではありません。スーパマーケットの床などに使われているシートが安価なため、バレエ用に代用しているだけです。これらのシートは通常ワックスをかけることが普通なので、何も言わなければ業者が勝手にワックスをかけてしまうこともあります。バレエで使う場合は、ワックスは禁止です。


3)松やにがついてしまうとビニール系のシートは滑りやすくなります。これも誰かのバレエシューズに付いていると全体に広まってしまいます。木のステージでは松やにを使うことも多く、そこで踊ったあと同じシューズでリノの上で踊ると付着します。


4)ヘアワックスがついてしまった場合も滑りやすくなります。モダン系のダンスは床に寝るスタイルも多く、そのような時に付いてしまうようです。


5)家のフローリングについていたワックスが靴下に付き、その靴下のまま買ったばかりのシートの上ですこし踊ってしまったため、ワックスが付いてしまったこともあるようです。
滑りやすくなった場合の対処法ですが、台所洗剤などをわずかに入れた水で雑巾を固く絞り、それで拭くとだいぶ改善します。しかしコーキング剤が付いてしまった場合などはこれではまったく改善しません。裏技としてはクレンザーを使って落とすということも聞いたことがあります。ただしシートをいためてしまう可能性もありますので、専門のクリーニング業者に相談した方がいいかもしれません。


-終わりに


いかがでしたでしょうか。床にもいろいろあり、日々進化しています。
シューズや衣装だけではなく、床の性能も理解し、知識を得ることで、けがの防止などにつながります。
是非練習に役立ててみてください。

体験レッスン

当スクールの体験レッスンはWEBまたはお電話にてご予約できます。もちろんご予約なしでも受講できますが、レッスンが休講や代講の場合がございますので、ご予約されてからご来校されるのをお勧めしております。※お一人様1回限り受講可能

WEBで予約する

スケジュール表より受けたいレッスンを選びご予約下さい。

電話で予約する

受けたいレッスンをお電話にてお伝えください。どのレッスンを選んでいいかわからない、などお気軽に各校までお電話ください。

お問い合わせ受付時間(平日)09:00~23:30 (土・日・祝)11:00~22:00
新宿03-3344-5600 都立大03-3725-3001 池袋03-5950-2855 秋葉原03-3834-5321 恵比寿03-5791-7263

スケジュールを見ながら右上にある電話アイコンよりお電話ができますので、是非ご利用下さい。