初演は賛否両論だった!バレエ作品「春の祭典」とは|NOAバレエスクール

1403099_s.jpg


-はじめに


春の祭典と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?
春に行うお祭り、花見・・・とかではありません。
ロシアの作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーが、セルゲイ・ディアギレフが率いるバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)のために作曲したバレエ音楽です。
今回はこちらの作品についてご紹介していきます。


■ バレエ作品「春の祭典」のあらすじ


構成は2部構成で、1913年に完成し、同年5月29日に初演されました。20世紀の近代音楽の傑作に挙げられる作品であり、複雑なリズムのクラスター、ポリフォニー、不協和音に満ちていて、初演当時怪我人も出る大騒動となったことで知られています。現在は上演よりも演奏会、録音における圧倒的人気を誇り、特に録音はオーディオ効果に富むこともあり膨大な数がリリースされています。


第1部 大地の礼賛


序奏
リトアニア民謡 "Tu mano seserėle(私の妹よ)" をベースにしたファゴットの非常に高音域のイ調独奏で始まります。古典的な楽器法に精通したサン=サーンスが酷評したこの部分は演奏が大変困難であり、田村和紀夫はドビュッシーの『牧神の午後への前奏曲』冒頭のフルート独奏と共に、楽器の得意でない音域を敢えて使用するという作曲家の意思を読み取っています。既に変拍子の幕開けとなり、様々な管楽器が異なる調性で全く違うニュアンスのメロディーを激しく演奏する。高潮しきった所で曲は途絶え、ファゴットが再び最初の旋律を嬰ト調で演奏する。ブーレーズは論文『ストラヴィンスキーは生きている』において「最も異様、かつ興味深い語法」と評しました。


春のきざし(乙女達の踊り)
ホ長調主和音(E, G♯, B)と変イ長調属和音第1転回形(G, B♭, D♭, E♭)が複調で弦楽器を中心に同時に力強く鳴らされる同じ和音の連続とアクセントの変化による音楽。この和音構成は平均律上の異名同音で捉えると変イ短調和声短音階(A♭, B♭, C♭, D♭, E♭, F♭, G)と同じであるが、初めて聴くものには強烈な不協和音の印象を与えます。また木管楽器によって対旋律として現れる(E, G, C, E, G, E, C, G)というスタッカートのアルペジオはハ長調を示し、これによって五度圏上で正三角形を成し長三度ずつの移調関係にあるハ長調、ホ長調、変イ長調が結ばれます。これはベートーヴェンの後期三大ピアノソナタ(あるいはもっと前の『ヴァルトシュタイン・ソナタ』や『ハンマークラヴィーアソナタ』なども)においても転調の過程で順次提示されるように既に援用が見られる調関係ですが、同時に鳴らすのは音楽史上この曲が初めてでしょう。


誘拐
春の輪舞
敵の部族の遊戯
長老の行進
長老の大地への口づけ
極めて短い。激しい不協和音が弦楽器のフラジオレットで奏される。
大地の踊り
音楽は絶頂の中、終結句を伴わず突然終止する。


第2部 生贄の儀式


序奏
乙女の神秘的な踊り
選ばれし生贄への賛美
祖先の召還
祖先の儀式
生贄の踊り(選ばれし生贄の乙女)
最も難曲かつ作曲学上システマティックに書かれた部分。5/8, 7/8などの変拍子が組み合わされて徹底的に複雑なリズムのポリフォニーを作り上げます。オリヴィエ・メシアンはこの部分を「ペルソナージュ・リトミック(リズムの登場人物)」、ピエール・ブーレーズは「リズムの細胞」と、クラウス・フーバーは「リズムのクラスター」と呼んでそれぞれ分析結果を発表している。メシアンによればこの曲は、複雑な変拍子の中でそれぞれ提示されたリズム動機について、拡大する動機、縮小する動機、発展せず静的な動機の3つの類型のリズムから成り立ちます。


■ 春の祭典に使用される音楽


『ペトルーシュカ』と同様、ストラヴィンスキーは多くの民謡を引用していますが、大部分は原型をとどめないほど変形されているため、実際にどの曲が引用されているかを知るのは難しいです。ローレンス・モートンの研究によると、第1部のいくつかの旋律はポーランドのアントン・ユシケヴィチによって集められたリトアニア民謡集の中の曲に由来するとされています。イストミン(Ф. М. Истомин)とリャプノフによる民謡集やリムスキー=コルサコフの集めたロシア民謡などからもいくつかの素材を借りているみたいです。


■ 初演は賛否両論!春の祭典が怖い!と言われる訳とは


1913年、ディアギレフと付き合いのあった興行師ガブリエル・アストゥリュクのシャンゼリゼ劇場が完成し、『遊戯』、『春の祭典』初演を含むバレエ・リュスの公演は、その杮落としの目玉とされました。この時、ディアギレフはアストゥリュクの足元を見てオペラ座の2倍、2万5000フランもの出演料を要求しました。


『遊戯』初演の2週間後、1913年5月29日にパリのシャンゼリゼ劇場でピエール・モントゥーの指揮により『春の祭典』の初演が行われました。客席にはサン=サーンス、ドビュッシー、ラヴェルなどの錚々たる顔ぶれが揃っていた。初演に先立って行われた公開のゲネプロは平穏無事に終わったが、本番は大混乱となりました。


曲が始まると、嘲笑の声が上がり始めた。野次がひどくなるにつれ、賛成派と反対派の観客達がお互いを罵り合い、殴り合い、野次や足踏みなどで音楽がほとんど聞こえなくなり、ついにはニジンスキー自らが舞台袖から拍子を数えてダンサーたちに合図しなければならないほどでした。
ディアギレフは照明の点滅を指示し、劇場オーナーのアストゥリュクが観客に対して「とにかく最後まで聴いて下さい」と叫んだほどでした。サン=サーンスは冒頭のファゴットのフレーズを聴いた段階で「楽器の使い方を知らない者の曲は聞きたくない」[要出典]といって席を立ったと伝えられる。ストラヴィンスキーは自伝の中で「不愉快極まる示威は次第に高くなり、やがて恐るべき喧騒に発展した」と回顧しています。
『春の祭典』初演の混乱は、1830年の『エルナーニ』(ヴィクトル・ユーゴー)や1896年の『ユビュ王』(アルフレッド・ジャリ)の初演時に匹敵する大スキャンダルとなり、当時の新聞には《Le "massacre" du Printemps》(春の"災"典)という見出しまでが躍りました。


-終わりに


かなり特徴がある今回の作品「春の祭典」
今では考えられない暴動などが起こっていたことを想像するとゾっとしてしまいます。
ですが今まで名作になっているのはその中にも魅かれるものがあるからでしょう。
是非皆さんも一度観劇してみてはいかがでしょうか。
新しい自分に出会えるかもしれませんよ。

体験レッスン

当スクールの体験レッスンはWEBまたはお電話にてご予約できます。もちろんご予約なしでも受講できますが、レッスンが休講や代講の場合がございますので、ご予約されてからご来校されるのをお勧めしております。※お一人様1回限り受講可能

WEBで予約する

スケジュール表より受けたいレッスンを選びご予約下さい。

電話で予約する

受けたいレッスンをお電話にてお伝えください。どのレッスンを選んでいいかわからない、などお気軽に各校までお電話ください。

                       
お問い合わせ受付時間(平日)09:00~23:30 (土・日・祝)11:00~22:00
新宿03-3344-5600 都立大03-3725-3001 池袋03-5950-2855 秋葉原03-3834-5321 恵比寿03-5791-7263 赤坂03-5545-1928 自由が丘03-5726-3168

スケジュールを見ながら右上にある電話アイコンよりお電話ができますので、是非ご利用下さい。